タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - 監督教室と先日のテレビの監修の話の続き


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> 監督教室と先日のテレビの監修の話の続き

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link katsuまるはだかぁ 芸術家への道 katsuまるはだかぁ 芸術家への道 (2021/9/20 11:25:33)

feed 監督教室と先日のテレビの監修の話の続き (2013/7/19 7:28:12)
ん・・・、残念だけど、朝からまずはお小言から。
先日、具合が悪かったらしく予約した日に来られなかった・・・・

別に休んだ事がいけないとは言わない。がしかし、その事を含めて何が起こっているか?
実はほぼ進んでいなかった・・・・。

ではここまでを検証すると、最後の夏に未知数の立体のモザイクをいよいよチャレンジと
言う事で、早目の始動となり、7月までに下地を終わらせようね・・・・となる。

ここまではほぼ完璧な滑り出しだった。更に言えば予定よりも3回分余っていた。
つまりそこが貯金の分になるはずだった。その3回分は本来下地の分だったが、

張り出せたのだから・・・・しかし、その3回は無くなったまま7月を迎えた。
その上、先日また1日無くなってしまった・・・・と言う話。

所がこの1回は、その前の3回とは大きく意味が違うものだった・・・・
それがこんな話になる。あの時に来てくれて予約をして頂ければ、すんなり日程も取れた

がしかし、それから数日経った後では、予約があのままとは限らない・・・・
もう8月も2週連続、土日が埋まっている・・・・勿論、夏休みだからいつでも平気と

言うのなら、問題は無いが、それでは本当に平気か?と言うと、遠方から電車で、
スタイロの下地の軽い下地・・・楽じゃん・・・本当かな?・・・・

いつも言う良い事と悪い事は背中合わせ。つまり軽くて良いなら、もろくて弱いって事。
つまり満員電車とは言わなくても、すれ違い様に折れる事も十分考えられる。

それなら額を作れば・・・と言うのなら、バックは出来るのかな?このままで・・・・
必ずこんな事が起こる事も想定内・・・そんなこんなで軽くお小言。

それでまず予約となるのだけれど、確かに多く予約はして頂いたので、日数的には
帳尻はあったものの、すべて8月後半に集中している事になる。

そうなると前半は自宅でいかに進むかになる。ここも実に予定通りでもある。
何故なら例年、夏休みもお陰様で賑わっていたりする。

こんな事も起こる事は考えられた。がしかし、あの時はそんなに埋まっていなかったのに
例年こうですから・・・と予約の催促を何度もする訳には行かない。

そんな場合、もし予約が思うように行かなかったら?・・・の解決策はいかに自宅で
進められるか?とお母さんがアトリエに作品を車で運んで貰う・・・この2つになる。

そこまで考えてあった。そもそも良く考えれば簡単な事で。俺が2年間、夏だけとは言いながら教えたのに、この程度の事が出来ないはずが無い。

画像を観ても判るように、初めてのコロをここまで作り込めるようになっている。
ただ問題は時間。それとグレ-ド・・・・本人に妥協なんて言葉は無いのである。

そうなるとグレ-ドの為の時間を惜しまない・・・となると、そう簡単には進まない。
要するに脳にきちんと、そのグレ-ドのままを続けては終わらなくなる事をしっかり

意識させて、歯磨きのように繰り返さないと自分の思い描く作品にはならない・・・・
しかも、グレ-ドを落とせば進むって話では無い。

そもそもその考えは監督には無い。しかももしそんな事が出来るのなら?
それはベテランなのだ。例えばベテラン母さんなら、時間の無い中、見栄えとスピ-ドを

巧みに操り、お弁当も作れちゃうし、家事だってこなす。これがもし新人母さんなら、
何かをおろそかにするか、家事が大好きで1人モンの時からやっていた人となる。

そんな事を踏まえれば、監督のモザイクは上手いけれど遅い・・・と言う事になる。
まっ、丁寧なのね。しっかり作っていて・・・・。

だから先生としては、環境作り。いかに監督にモザイク制作以外の負担を減らすか・・・
何かを減らせば、何かが増える・・・・こんなのは当たり前の事。

人の不幸の上に幸せは成り立つもので・・・。その負担はすべてお母さんに・・・・。
と言う事になる。当然ながら・・・持ち運びの件をお願いする事になる。

それが解決するのなら、後はお母さんが終わらないよ・・・そのままでは・・・・と
言うよりも、俺が今月の進み具合を見て、すべてを決定します・・・・と言う方が、

効き目としてはあるはず。いつもの日常の学校の勉強の知識の話では無いので。
知恵の話は、能率効率を上げる為の妥協みたいな話に繋がるからね・・・・

あっちも立てるが、こっちも立てないと・・・いずれにせよ、いくらか火は付いただろう
何しろもう7月も半ばなのだから・・・・。

その後、先日のテレビの件。素材の大きさに変更があり、ラフとは言え図面の描き直し。
そうね・・・四角いタイルのドットなら何の問題も無いけれど、もし長さの違う形の

ドットだとしたら?絵のバランスが崩れるでしょ?素材の大きさが変わったら?・・・
それと数の変更もあってね・・・・まっ何とか間に合ったけれど・・・。

やり付けていないから・・・・かってが違うのね。
あっそうそう、さっき日高氏が来て、22日一緒に行くって・・・・あははははは。




execution time : 0.066 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。