タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - 飽くなき追究心


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> 飽くなき追究心

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link タイル職人の音楽活動ブログ タイル職人の音楽活動ブログ (2020/8/14 1:34:22)

feed 飽くなき追究心 (2016/5/2 17:39:58)
今日は平日ですが、休みにして大型連休にしているところも多いのでないでしょうか?
当方も今日は休んでおります。

昨日はバンド練習日でした。
2016-05-02j.jpg

明後日にライブがあるので、昨日が最終練習ということで、緊張感のある練習でした。

今回のライブの店は小さなバーでPA設備しかないのでその他の機材は各自持ち込みしなければいけないようでヒストリーのフルアコとアンプはローランドのブルースキューブで参戦予定です。

2016-05-02k.jpg


今日はこれといって書くことがないので、プライベートスタジオの機材紹介でもしようと思います。

50才を過ぎても音の追求心はまだまだ健在です。
出来る範囲でですが、ベストが尽くせるように自分に合った機材を常に模索しています。

今現在の音楽制作現場はこんな感じになっています。

2016-05-02a.jpg

簡単に紹介しておきます。

まずはシステムのメインとなっているミキサーとレコーダーです。

2016-05-02b.jpg   2016-05-02c.jpg
YAMAHA 02R にFostex D2424 です。
レコーダーの24チャンネル分の入出力はADATケーブルにてデジタル接続されています。

02Rは全チャンネルにイコライザーやコンプを個別に掛けることが出来るので大変重宝しています。
それでも編集時に外部のダイナミクス系のエフェクタを使いたい時はレコーダーのアウトプットをパッチベイに立ち上げてあるので容易に目的のチャンネルの音を取り出せるようにしてあります。

外部エフェクタの一部です

2016-05-02g.jpg
一番上にあるのがFMR AUDIOのコンプです。小さいけどいい働きをしてくれます。
その下がBBEのマキシマイザー。今私がハマッテいる機材です。
低音と高音の倍音を加える機械です。
その下はLINE6のギターアンプシュミレーターですが、ギター録音時以外に録り終えた音源のギターサウンドを変更したい時にも使っています。
生ピアノサウンドにこれを少し通して歪ませてロック寄りのサウンドを作ってみたりもしています。
そしてその下がDrawmerの定番のノイズゲート。

02Rには8つのAUXアウトがあり、そのうちの2つは空間系内蔵エフェクタが割り当てられてあります。
残る6つのAUXには私のお気に入りの空間系エフェクタをセッティングしてあります。

2016-05-02d.jpg
一番上にあるのがベリンガーのラインミキサー。
このミキサーにエフェクト音をまとめて02Rに送っています。
そのエフェクトですが、上からSony DPS-V55マルチエフェクタです。
そしてtc electoronic D-TWO ディレイです。
そして昔から使っているYAMAHA REV500 リバーブが2台。
そしてLexiconのリバーブ MX300 , PCM70です。

これらの機材を駆使してサウンド・ミックスした音はFMR AUDIO RLNA7239にて軽くトータルコンプを掛けます。

2016-05-02h.jpg


さらにMIX DOWN時にマスタリングまでやってしまいます。
tc electoronicのfinalizerです。

2016-05-02i.jpg



音の流れはそんな感じです。


02Rの右側には音楽制作に使用する機材があります。

2016-05-02e.jpg

最近はライブレコーディングなどで、ドラムのマルチマイク録音をやっていることもあって、ドラム関連物に興味があり、ドラムマシンに今一番ハマっています。

2016-05-02f.jpg
左がROLAND TD-10 右がAKAI tom catです。
TD-10は昔から打ち込み用に使っていて生ドラムをシュミレートしたプリセット音源が入っています。
AKAI tom catはアナログ回路の電子ドラム音源です。
この2つが真逆の存在なので面白いです。楽曲によってどちらかをチョイスするというよりも、両方の音源をブレンドして使うのが今の私のマイブームになっています。


現在のシステムはそんな感じです。
編集作業においては私がやりたいことはこれらの機材でほぼ完結させることが出来ます。
自分が納得出来る音源が作れるかどうかは、いかにして良い音でレコーダーに収録出来るかに掛かってきます。
どれだけ機材を揃えても、結局次の目標に向かって色々と悩んでいます。


次回はこれらの編集機材とは別に持ち出し用の機材の紹介も機会があればしたいと思います。


・・・というか、明後日のライブでやる曲のコードもまだ覚えていないので、こんなこと書いて時間を潰している場合ではないのです。
ライブの内容はまたレポートしたいと思います。

execution time : 0.064 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。