タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - 【ニュースレター】東京駅前広場に誕生した新たなランドマーク「JPタワー」 旧東京中央郵便局舎のタイル、窓から先進的な超高層ビルのカーテンウォールまで、LIXILの技術が活かされる


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> 【ニュースレター】東京駅前広場に誕生した新たなランドマーク「JPタワー」 旧東京中央郵便局舎のタイル、窓から先進的な超高層ビルのカーテンウォールまで、LIXILの技術が活かされる

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link LIXIL LIXIL (2019/12/11 21:34:12)

feed 【ニュースレター】東京駅前広場に誕生した新たなランドマーク「JPタワー」 旧東京中央郵便局舎のタイル、窓から先進的な超高層ビルのカーテンウォールまで、LIXILの技術が活かされる (2013/6/5 13:00:00)
住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長: 藤森義明)では、日本郵便株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、三菱地所株式会社が、 旧東京中央郵便局敷地に共同で建設した高層複合施設ビル「JPタワー」(2012年5月31日竣工)において、保存部分である旧東京中央郵便局舎のタイル・窓の復原工事から、オフィス棟の高い快適性と環境負荷低減を両立させたカーテンウォール・節水トイレ、商業施設の特殊ガラス手摺まで、LIXILの技術が多方面で採用されました。 「JPタワー」は、地下4階、地上38階、高さ約200m、延べ床面積約212,000㎡の高層複合施設ビルで、日本郵政グループ不動産事業の第1号の大規模案件です。 建物高層部は、ガラスカーテンウォールによる先進的なデザインのオフィスとしながら、建物低層部は、旧東京中央郵便局舎を一部保存し、東京駅前地区の風格ある歴史的なデザインを継承しています。また地下1階から地上6階までは商業施設「KITTE」(キッテ)(2013年3月21日オープン)となっており、東京駅丸の内駅舎復原で、更に脚光を浴びる丸の内エリア.....

execution time : 0.061 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。