タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減」提案が「平成30年度 第2回サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」に採択 〜高齢者施設における使用済み紙オムツ処理の負担軽減に向けた検証プロジェクト〜


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減」提案が「平成30年度 第2回サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」に採択 〜高齢者施設における使用済み紙オムツ処理の負担軽減に向けた検証プロジェクト〜

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link LIXIL LIXIL (2019/7/18 21:04:32)

feed LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減」提案が「平成30年度 第2回サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」に採択 〜高齢者施設における使用済み紙オムツ処理の負担軽減に向けた検証プロジェクト〜 (2018/10/23 13:00:00)
株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、この度、国土交通省が募集する「平成30年度 第2回サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)※」に、「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減」プロジェクトが採択されました。 ※「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」:子育て世帯、高齢者世帯など幅広い世帯のニーズに応える住生活関連の新たなビジネス市場の創出・拡大の促進を図るため、健康・介護、少子高齢化に寄与するIoT技術等を活用した住宅の実用化に向けた課題・効果等の実証を行う事業を募り、支援する国土交通省の公募事業。 本プロジェクト イメージ 社会の高齢化が進み、要介護者認定者の数は増加の一途を辿るなか、使用済み紙オムツの処理に係る高齢者施設の負担増大が新たな社会問題として顕在化しています。肥大化する処理費用はもちろんのこと、多大な量と異臭により建物外で行わなければならない集積管理や、各部屋からの収集の手間など、施設スタッフの負担も大きく、また約8割が水分で構成される紙オムツは、焼却時の環境負荷も高くなっています。 今回採択されたプロジェクトは、高齢.....

execution time : 0.090 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。