タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - 【川島織物セルコン】伝統をアップデート 西陣織の帯地を椅子張りに 「BAMBOO EXPO」出展


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> 【川島織物セルコン】伝統をアップデート 西陣織の帯地を椅子張りに 「BAMBOO EXPO」出展

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link LIXIL LIXIL (2018/12/11 15:04:57)

feed 【川島織物セルコン】伝統をアップデート 西陣織の帯地を椅子張りに 「BAMBOO EXPO」出展 (2018/11/5 13:30:00)
株式会社川島織物セルコン(本社:京都市 社長:山口進)は、“伝統のアップデート”をテーマに、西陣織の帯地に使われる伝統的な技術や紋様(デザイン)を用いた椅子の張り地を製作、11月14日〜16日まで開催のBAMBOO EXPOで公開します。 1843年創業の京都・西陣をルーツとする川島織物セルコンは、着物の帯や緞帳を織る手織り生産と、カーテンや壁張り、椅子張りなどインテリアファブリックを製作する機械生産という、二種類のモノづくりを行っています。この二つのモノづくりの融合を目指し、今回、帯地のインテリアへの用途展開を試みました。 引箔、唐織、天鵞絨(ビロード)などの技術、また毘沙門亀甲や宝尽くし文様などの紋様(デザイン)は、帯地などに多く使われてきた伝統的なものであり、その性質や色味などは日本独特です。これらを現代のインテリア用途にアップデートしていく活動は、デザイン・技術の双方からの挑戦となり試行錯誤の連続でしたが、華やかで豪華なファブリックとなりました。 BAMBOO EXPOのご来場者やお客様の声を伺いながら、量産をめざし改良を重ねていく予定です。 <参考資料> ■出展品詳細 毘沙.....

execution time : 0.395 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。