タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - 亀有カルチャーとデイ・サービスのサンプルとkatsu散歩


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> 亀有カルチャーとデイ・サービスのサンプルとkatsu散歩

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link katsuまるはだかぁ 芸術家への道 katsuまるはだかぁ 芸術家への道 (2020/1/27 3:46:54)

feed 亀有カルチャーとデイ・サービスのサンプルとkatsu散歩 (2020/1/11 23:45:33)
まずは今年最初の亀有カルチャーから。流しを作る方がここではレオパの小物。まぁ丁寧に切っていたし、指先をヤスっていたのね。そこまでしなくても良いんじゃないかな?って思うものの、おかみさんもね・・・やっちゃっているから。

この2人は、この作品の中では教える事はあんまり無いけれど、おかみさんがそろそろバックが・・・って言うので、そうなると、ちょっとしたアドバイスはあるのね。そこでイメージはどんな感じ?と聞くと、爽やかな感じって言うので、他の2人に、爽やかなイメージって何色?って聞くと、薄いブルーとレモン色って返って来たのね。

ではおかみさんに質問。爽やかな形ってどんな感じ?・・・こんな風に考えると、答えに近づくと思うのね。その時に、おかみさんはこの質問の前まで、お花とかが丸っぽいから、丸は無いな・・・だから三角?って位に考えていたらしく、では三角って爽やかかな?の質問に・・・、そうじゃ無い・・・って事になり、こんなのは?と提案したのね。

そもそも無難に回答するのなら、じゃクラッシュで水色・・・これは誰でも想像は付くのね。つまりそれを俺が答えては、おかみさんは聞くまでも無いはずなのね。しかも、それを俺が先に仮にこんなのは?と言ってしまっては、その人の中での、俺の影響力があればあるほど、それに決まってしまうと、自分で考えるって事をしなくなる。

切る張る腕前が付いた人は、その考えるって事こそが、オリジナルって事なのね。そんな中、こんな小難しい話は全く必要無く、今は自分の好きな模様をひたすら同じ形を切る練習みたいに繰り返す・・・そんな反復練習が始まった新しく入られた方。おいおい紹介するとして、違う分野の先生なんで、先生として進めると・・・


先生は左右対称とかイスラムとかモスクとか、メキシコタイルの柄とかが好きみたいで、今回はそんな模様を作るには、繰り返す事の練習として、試しに早いかな?と思いつつ、エミリアを持って来たのね。当然前回のぺきぺきとは違って硬い事もあり、戸惑いもあるし、それ以前にとても几帳面なんで、ちゃんとみたいになりがちなのね。例えばモスク柄みたいな感じだと、かなり精度の高い左右対称を要求されるが、メキシコタイルの柄だと、あくまで手描きの範囲なんで、若干のズレはある。

そうなると、メキシコタイル寄りの方が、今の段階では気持ちに余裕が生まれるとは思うし、ただ、他の2人がヤスっているから、きめ細かい感じに思うと、繊細さが過敏になり過ぎな感じもするし・・・そんな事も踏まえて、もう少し気楽感を出したいんで、この後の作品は、またぺきぺきに戻しても良いのかな?とも思ったりしたのね。

そんなこんなでアトリエに戻って

デイ・サービスの招き猫のサンプルと仕込みをして、シドさんの残りのパーツ切り。サンプルは目地残し、シドさんのは後は張るだけとなり、さてそれでは・・・とkatsu散歩となり、今日はどうしようかな?・・・と向かった先は日本橋から。ただ、曜日が悪かったかな?・・・人が少なく、東京駅とか行って見たりして・・・移動したのね。

昔は銀座やら有楽町の駅前にゴザ引いてひたすら制作を見て貰ったのね。これは釣りで言う待ちの姿勢。1か所に座ってその場所で狙い撃ち。ただこの場合、ポイントを間違えると、魚がいないと釣れないのね。所が絶対数の多い魚の場合、例えばキスのようなね。この場合は脚で釣るもので、どんどんと移動するのね。

同じ釣りでも全く違うもので、温湿布と冷湿布みたいな話なのね。と言う事で、以前とは違い、キス釣りなんで移動・・・となると、有楽町にでも行くか?って事になり、


マリオンやら国際フォーラムやら、パスポートの手続きするとこ何て言ったかな?・・・そんな中、外国人の人にグッジョブって言われたり、身内にタイル屋さんがいる人がいたり、湯婆婆と一緒に写真を撮った女の子がいたり、名刺も何枚か渡せたりもしたのね。移動正解。今日は2時間チョイで、やはり10000歩越えてたのね。



execution time : 0.062 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。