タイル☆インフォ

外部サイト新着記事 - Ducatiのモザイク


  ホーム >> 外部サイト新着記事 >> Ducatiのモザイク

外部サイト新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link katsuまるはだかぁ 芸術家への道 katsuまるはだかぁ 芸術家への道 (2020/6/3 5:40:04)

feed Ducatiのモザイク (2020/5/22 0:02:56)
今日は丸々1日Ducatiのモザイク。これが1700mmもあると、手前から張って固まって行かないと、体を伸ばしてなんか張ると、袖に引っ掛けたりして・・・だから手前をどんどんとやって行こうと思っているのね。と言う事になると、この位で前輪に向かって張り上げて行くって感じなのね。まぁしかし、進みが悪いのね。質は問

題無いと思うけれど。かなり雰囲気あるし・・・。ただ下の部分に剥き出しの部品がいっぱいあるから、ボディのようにツルっとした所よりも時間は掛かるのは仕方無いんだけれど。それとマフラーに桜の花びらがあって、それを桜吹雪みたいに外に飛び出したようにするには、車輪を作ってしまっては入れられなくなるか

ら、今の内に花びらを入れとかないと・・・と、数枚入れたのね。まぁ今回はそんなに数は要らないのね。いくらかあれば十分に雰囲気あるし。そんな中、こうして数日やって見て、質の良さと進み具合を天秤に掛けて、気分って事を計って見ると、悪くは無い・・・けど、そうけどなのね。これがいつものように特別期日が無け

れば、何の問題も無く進めるが、6月いっぱいとなると、今月何処まで進めるか?になると思うのね。それは気分って話だから。何度か触れた事があるけれど、要するに最初にヒットが出るかどうか?なのね。何でもそうだけれど、最初にヒットが出た・・・例えどん詰まりでも、えっ?今のエラーじゃないの?って事だったとしても。

それによって気持ちが楽になったりもする。これが結果として紙一重でアウトになると、失敗を取り戻そうと気持ちは焦ったりする。全部気持ちの話。焦れば結果は出ずらいし、焦れば落ち着いていないのだから、普段の練習通りには出来ないもので、焦った分、はしょったりしてしまう。だから余裕を作らないとならない。そ

の余裕って言うのがラッキーなんて言うのに該当する。所が、そのラッキーには、運も実力の内なんて表現もあって、そうね、そのラッキーを生む為にも、気分良く・・・って言う余裕を作りたいのだけれど、普通なら余暇なんて言うだろうし、ペットや園芸など趣味なんて言うものもあったり、物欲的な事での満足感なんて

言うのもあるだろう。ただ、俺も無い事は無いけれど、正直、今その余裕すらも削られている感じなのね・・・時間が勿体無いなんて感じで。もうほとんど起きていたらモザイク、後は寝るだけみたいに。でもこれでは余裕なんて作れない・・・でも何処かでこの5月いっぱいで、貯金・・・って言う気持ちを作りたいんだろう

ね・・・進んだって言う。だから、5月を無かった事にして、6月からスタートなんて言う、貯金スタートみたいに考えているんだろう・・・と思っているのね。きっと作家katsu的には。ただもう一人の自分の中に休みたい・・・みたいな気持ちがあるんだろうね。それが本来なら、下地を作ったりする事で息抜きになっていた事が、

今はコロナでそこは解放されていないし、そもそも今、それをやる余裕すら無い。って事に気が付いているのね・・・自分が。だからこそ、休みじゃ無い様な休み時間って言うものが必要なのね。そう言う意味では、オンラインの先日のお教室は、教えたりする時間があり、自分も少し進めたり、人に接する時間だったり、今の

環境の中では、失礼になるが余暇って気持ちにもなるんだろうな・・・って気になる。それでもそこは作家じゃ無くて、先生katsuになるから、不慣れなオンラインでの指導が上手く行かなければ、それとてストレスにも繋がるのだから、良い事と悪い事は背中合わせな訳で。ヒット曲が出た古賀さんと、中々ヒットの出ない古

関さんでは、心の余裕は違うし・・・ただ、無い事には気付きやすいが、ある事には中々気が付かず、月並みだけれど、それも知っているから、そうならない様に・・・と思うと、この5月にもっとやっとけば良かった・・・にならぬ様に、今・・・ここが余裕を作る時間ってやっているのね。ただ、流石にただでさえ、コロナで追い

込まれる気分の中、更に追い打ちみたいになるのは防がないと・・・。けれど甘えたら切りないし、追い込み過ぎても、まだ先は長い。ただ1か月なんてあっと言う間だし・・・中々の追い込まれようである。ただ質の良さだけは救いではある。

execution time : 0.065 sec

  ご訪問ありがとうございます。
  建築現場でタイルを張っている直接工のホームページです。ゆっくりと探しものを探してみてください。